>
--


鳥取県は《措置入院の法律精神保健福祉法29条》を不正利用

精神病院に5ヵ月監禁


法29条の定めで、都道県知事の権限と責任での違法行為



Aはリコー鳥取工場でバイト。
その後海外ブラブラ。

次の海外ブラブラ資金稼ぎのため
履歴書も見ず採用のペーパー会社に属して
鳥取県最大の企業三洋(パナソニック吸収)でバイト作業。
責任者のパワハラでクビ同然。

責任者の話では、リコー社員がAの真面目な勤務態度を問題にしていたそうだ。
「きちんとした会社に就職せず、1年以上皆勤の真面目な勤務態度を誤解されクビ」
の笑い話。

旅の目的地もベストシーズンに入り出発。

会社とは争いはない。はず・・・だった・・・

ところが公権力の介入で法的問題が生じ
争い発生。
↓ ↓ ↓
http://greenvxv.jp/kenh.pdf







追記

「精神保健福祉法第29条は、権力者が悪用し易い法律で憲法違反。
憲法違反の法を存続していることで損害を被った。慰謝料1円!」
と国を提訴.(鳥取地方裁判所 平成24年(ワ)第217号)。

もちろん敗訴。

憲法問題ということで簡易裁判所から地方裁判所で審議。
訴訟費用 印紙代1000円 予納郵券6000円 計7000円 

”1円訴訟”判決文全文http://greenvxv.jp/sotihanketu.pdf